えんきん 飲み方

えんきんはいつ飲む?効果的な飲み方・飲むタイミングは?

えんきんはいつ飲む?効果的な飲み方・飲むタイミングは?

えんきんは目のサプリとして口コミでも人気ですが、いつ飲むのが良いのか?効果的な飲み方飲むタイミングはいつが良いのでしょうか?できるなら効果的に飲みたいですよね。

 

>>えんきんを最安値でお得に試すのはこちら!

 


えんきんはいつ飲むのか?飲み方は?

 

えんきんは、眼精疲労や視力回復にピント調節機能など目のサプリとして人気がありますよね。
しかし、やっぱり一番効果的に飲みたいと思うのは当然でしょう。
効果的な飲み方、いつ飲むのが良いのか、飲むタイミングなどどうすればいいのでしょうか?

 

  • いつ飲むのか?(飲むタイミング・飲む時間)
  • どうやって飲むのか?(飲み方)
  • どれだけ飲むか?(飲む量)

 

この辺りが気になるところですよね。

 

これについて、公式にはこのように書かれていました。

 

いつ摂るのが良いですか?

サプリメントは食品ですので、いつお摂りいただいても大丈夫です。お客様の生活スタイルに合わせて、続けやすいタイミングでお摂り下さい。

 

たくさん摂った方が良いですか?

多く摂れば早く実感できるというものではありません。1日の目安量を守って、毎日続けることが実感への近道です。

 

1日の目安量は、1日2粒となっています。
目安量を守り、水などと一緒にお召し上がりくださいとのことでした。

 

公式をまとめると・・・

 

  • いつ飲むのかはいつでも大丈夫
  • 飲む量は1日2粒の目安量
  • 飲み方は水などと一緒に飲む

 

というように書かれていました。

えんきんを効果的に飲むためには?

 

毎日飲み続ける!

 

えんきんを毎日飲み続けるということは大事です。
公式にも書かれていましたが、毎日続けることが実感への近道なのです。
最初は飲み続けるのは大変かもしれないですが、自分の生活パターンなど飲みやすいタイミングで飲み続けていきましょう。

 

1日2粒飲む

 

えんきんの1日の目安量は1日2粒ですので、毎日2粒を飲み続けましょう。
1粒ずつを2回に分けて飲むのもオッケーです。

 

ただ、目の調子が悪い、違和感がある、ピントが合わないなど効果を早めたい場合などは、2粒以上摂る時があっても良いと思います。
ただし、基本的には1日2粒飲むということです。

 

1日分の目安量は、配合成分の有用性、安全性など考慮して設定していますから、目安量を守るのが効果的なのです。
臨床試験も1日2粒で実施されていて結果が出ています。

 

飲むタイミングは食後

 

えんきんを飲むタイミングですが、ファンケルの相談室によると食後に飲むと吸収率が高まるので効果的だということです。
食事のタイミングは胃腸の働きが活発になりますので、消化吸収力が高まります。

 

えんきんに配合されているブルーベリーや黒大豆種皮に含まれるシアニジン−3−グルコシドという成分は24時間働きが持続するといわれているので、なるべく毎日同じようなタイミングに摂るといいんです。
できれば毎日決まった時間に飲むことによって効果を得やすくなります。

 

食事のタイミングというのは、大体同じですから、食後の摂取が効果的なんですね。
飲み忘れも防げますし、食後がいいでしょうね。

 

臨床試験では、毎日、夕食後にまとめて2粒摂る方法で実施したということです。
朝と夜に1粒ずつ飲むのも効果があったという人も多いですし、生活スタイルに合わせて飲むのもいいですよ。

 

水と一緒に飲む

 

えんきんは水などと一緒に飲むと書かれていますので、水などと一緒に飲むのが良いです。
お茶やコーヒーもいいですが、一般的にメーカーは水で飲むことを想定していますから効果を最大限引き出すなら水が良いですね。

えんきんの効果的な飲み方のまとめ

 

  • 毎日飲み続ける
  • 1日2粒飲む
  • 食後に飲む
  • 水と一緒に飲む

 

これがえんきんを効果的に飲む方法だと思います。

 

今ならたった1000円4週間分も試すことができます。

 

 

一度飲んでみたいという人は、お得ですよ。

 

ファンケルのえんきんはこちら!

>>えんきんを最安値でお得に試すのはこちら!


ホーム RSS購読 サイトマップ